top of page
歴史の花冠

歴史の花冠

〈STORY〉

どうしても思い出せない唄がある

紡がれる命は緑 流れ出る血は花 
私達は花冠を作りましょう
双つの歴史の対岸から

形喪い 歴史の風舞う 千の心
言葉失い 彷徨い続ける 不完全な唄
記憶亡くし 永々に想い出せない 一つの光

誰かが歌っていた
私は一緒に歌っていた
なのに忘れてしまった

不揃いな言葉で 私は今日も唄を歌う
継ぎはぎだらけの 傷だらけの唄を
それだけを 慰みに
私は作り続ける
歴史の対岸から

歴史の花冠を

bottom of page