top of page
路地裏の娼女

路地裏の娼女

〈STORY〉

紅緋(べにひ)の花
紫黒(しこく)の花

入り乱れて
咲き乱れて
交じり合い

溶け合うことなく
ぶつかり合い
闇と闇が 間(あわい)を失い
光になる

光暈(こううん)は
貴方の 白い息吹

されど呑み込むことは叶わず
境(さかい)から 溢れ
光と血が溶け
闇色となる

わたしは再び 孤りに還り
想い出の隘路
小さな歴史の胃袋で
一人
膝を折り曲げる

貴方の鼓動を
心音に変えて
指折り数えて

月光蜥蜴の尻尾のように
円(まる)く踞りながら

bottom of page